消費地開催型

CASE02 ポップアップレストランwith kitchhike
徳島⾷材ブランド化発信イベント

“徳島”と“徳島食材”のファンをつくる“食”の料理イベントとして、ポップアップレストランを東京上野にて10日間開催。
10名の料理家による、徳島食材を活かしたそれぞれの得意料理を日替わりで参加者に楽しんでいただきました。

双方向のコミュニケーションにより
食材の魅力を共有

徳島食材とテーマを活かして、今までにないレシピで料理人と参加者が一緒になって料理を作りながら、楽しく美味しい交流を図りました。イベント終了後も交流コミュニティサイトを通じてその場限りで終わらない、継続的なファンづくりができる“食”の体験を提供しました。

”食”を通したリアルな交流の場で
本質的で継続的なファンづくり

参加人数:120名 / 参加料理家:10名 / 主催:徳島市
参加者の声:「徳島って阿波踊りのイメージだったのに、食材の美味しさに感激!お野菜の味が濃くてお箸が止まりませんでした!」「食材がみずみずしくてとても美味しく、料理人の方から直接お話しが聞けて、楽しく刺激的な時間でした。」「徳島のパンフレットも沢山頂いたので、次は旅行に行く計画を立てたいと思います。」
料理人の声:「どの徳島食材もとても立派で食材本来の味もしっかりあり、少ない調味料で仕上げられるものばかりで感動しました。」「こんなに生命力のあるカリフラワーはこれまで出会った事がありません。本当におどろきました!」

イベントがもたらすもの

イベントは定員120席が開催3週間前には満席になり、キャンセル待ちが続出となるほどの大盛況で無事終了。参加者の中にはイベント終了後に自ら徳島に足を運んだ方が出るほど、満足度は非常に高く、事後アンケートでは温かく本質的な濃い内容の回答を得る事が出来ました。またオリジナルレシピや当日の写真を含めたレポートサイトも大好評で、イベント参加者以外にも多くの人の関心を集めるコンテンツとして、徳島食材の可能性の認知に貢献しました。

レシピやフォトギャラリーで、イベント当日の詳細がより分かるレポートはこちら!