生産地開催型

CASE01 シェフ派遣イベント
〜大地の料理会〜 Tetsu Meets Kumejima

豊富なシェフ経験を持つ太田哲雄シェフを久米島に招き、
4日間にわたり島民とともに久米島食材の可能性を共有。
地元だけではなく、東京・大阪等から総勢170名の方々にご参加いただきました。

実力派シェフを招いて
食という切り口から島全体をPR

イタリア公爵夫人のプライベートシェフや世界一予約の取れないレストランエル・ブジ、またペルー料理の最高峰と名高いガストン・アクリオ氏のレストラン等で、豊富なシェフ経験をもつ太田哲雄シェフ。そんなシェフを招いて独自の食文化の息づく沖縄の離島久米島で、シェフ考案レシピと調理法で島の方々と一緒に作り上げる食イベントを久米島商工会と共に開催。

久米島全体を巻き込み
島をあげたお祭りを演出

参加人数:170名(うち島民140名、東京大阪等30名)
協賛・協力者(順不同、敬称略):久米島町役場、久米島漁協、沖縄県農協、久米島紬事業協同組合、バーデハウス久米島、久米島海洋深層水開発(株)、沖縄そば処 三坊、(株)エポック、(株)南西興産、久米島総合開発(株)、阿嘉食品(株)、サイプレスリゾート久米島、リゾートホテル久米アイランド、イーフビーチホテル、丸高製パン工場、生活ING家福みー家、FM久米島、久米クリエイション、(株)沖縄長寿苑、農業生産法人 アグリット久米島、(株)久米島の久米仙、米島酒造(株)、おやつ村、吉永養豚場

イベントがもたらすもの

地元の方々も知らなかった食材の発見や、定番の食材にもアレンジを加えるなど、“食”という切り口から島の魅力を再発見。久米島高校の生徒にも手伝ってもらい、久米島の将来を担う世代との交流も。各生産者のインタビューやイベント当日の雰囲気など全編ムービー撮影を行い、島全体のプロモーション、そして食材の販売戦略へと繋げました。

【 2015年 大地の料理会 】
ムービーはこちら!

【 2016年 大地の料理会 】
ムービーはこちら!